とりま文系歯科医師が自己投資。

読書好きな開成、一橋大卒文系出身歯科医師のマイペースブログ。読書を中心に学んだ知識をアウトプットすることで、何か社会が少しでも変わればなと思い開設。好きなテーマは小説全般、世界史、経済学、心理学、経済投資など。筋トレも趣味です。

読書感想:『今を生きる思想 ショーペンハウアー 欲望にまみれた世界を生き抜く』

 お疲れ様です、スナフキンです。

 

 個人的に、自分の人生の羅針盤としている偉大な哲学者は何人かいるのですが、今回はその中でも特に人間味があって大好きな、ショーペンハウアーの解説書に関してご紹介したいと思います。

 

 

―運命がカードを切り、私たちが勝負する。

 

 ショーペンハウアーによれば、人生はいつも思いどおりにはならず、ぎりぎりの勝負の連続であると説く。

 

 我々がこの社会で生きていくための原動力は多くの場合、欲望である。欲望があるからこそ、それがかなわない時の挫折があり、苦しみがある。

 ショーペンハウアーが述べているのは、

人生は本質的に苦しみ

であるということ。

 

 そして筆者も述べている通り、ショーペンハウアー哲学を読む意義は、人生の勝負からいったん離れ、人生とはそもそも何なのかを客観的に考えることができるような、哲学的な思考空間を頭の中にしつらえることができることにあろう。

 哲学を学ぶことすべてに通じることかもしれないが、こうした事が非常に有意義なものであろう。

 

 ショーペンハウアー哲学は、大きく2通りの哲学概念として説明することができる。

 ひとつは、生きる苦しみと向き合い、苦しみの源泉にほかならない欲望を否定し、エゴを超えていこうとする、〈求道の哲学〉としての概念。

 

 もうひとつは、そうした欲望にまみれた、生きるのが苦しい世界においてでも、ユーモアを交えて人生の指針を考えるヒントを与える〈処世の哲学〉としての概念。

 

 この二つの思想概念を理解することが、ショーペンハウアー哲学を学ぶ醍醐味だと言える。

 

 しかしながら、筆者も巻末で述べているが、人生は本質的に苦しみである』ことを理解することと、そんな人生の中でも、今の自分の幸せをかみしめることは、決して対立することではないと思う。

 

 欲望にまみれてしまうと、それは無限のものであり、追求し続けても幸せになることは出来ないかもしれない。

 しかしながら、そうした事実を認識し、本質を捉えた先には、欲望とは無縁の、生の充足感があるのではないかと感じる。

 

 哲学を学ぶ醍醐味はそんなところにあるのだろう。

 

 

読書感想:『人生ってなんだ』

『―いきなり、話は飛ぶのですが、僕は、もし、「教育にとって一番大切なことは何か?」と聞かれたら、「バランスよくマイノリティー感覚を経験すること」だと思っています。

(中略)

 バランスよくマイノリティー感覚を経験すること。

 バランスよくというのは、マイノリティー感覚を感じる時期と、反対のマジョリティー感覚を感じる時期の両方を、ちゃんと持つということです。』

 

 こんにちは、スナフキンです。

 今回はメディア出演でも有名な演出家、映画監督の鴻上尚史のエッセイ、

『人生ってなんだ』

をご紹介。

 

 

 鴻上氏の文章は、非常に軽快なうえ、印象深い内容が多い。

 本書は、27年間にわたって連載を続けた週刊『SPA!』のエッセーの中から、タイトルにふさわしいものを抽出して上梓されたもの。

 時代が古いエッセーであっても、未だに新鮮さを持ってタメになるところも良い。

 

 あとがきに鴻上氏が書いている文章も、非常に印象的で、現代人として参考にしたいものでした。

 

『-今日、ツイッターを見ていたら、「『自分と異なる価値観や文化を受け入れる力を教養という』的なことを鴻上氏が言っていたんだけど」という文章がありました。

 そんなことを言った記憶はまったくないんですが、いえ、ただ忘れているだけかもしれませんが、良い言葉だと思います。

(中略)

 この言葉をもっとちゃんと言うと「自分と異なる価値観や文化とうまくつきあえる力を教養という」ということでしょう。

(中略)

 自分とことなる価値観や文化とうまく「つきあえる」ようになれたら素敵だと思います。』

 

 心に余裕が無くなっているせいなのか、他者の多様性に対して異常で残忍なまでの言葉の暴力や攻撃性を向けるようなシーンもあり得る中で、知性や教養によって、そうした残酷性に対峙し続けていくこと、非常に大事なことだと改めて思いました。

読書感想:『太平洋戦争への道 1931-1941』

ヒトラーはいつも、偏見と憎悪とを掻きたて続けることに腐心しておりました。若い人たちにお願いしたい。他の人々に対する敵意や憎悪に駆り立てられることのないようにしていただきたい。

 

 これは自分の人生の教訓としている、ヴァイツゼッカードイツ連邦共和国大統領の演説の言葉であるが、現代人は常に、歴史に対する学習意識を持ち続けないといけないと感じます。

 

 本日紹介する本は、半藤一利加藤陽子保坂正康各氏による編著、

太平洋戦争への道 1931-1941

と言う本を読みました。

 

 

 1931年の満州事変から、1941年の真珠湾攻撃へ。

 昭和の日本が犯した大失敗に至る道筋を、6つの転換期から検証し、令和の日本に生きる現代人が学ぶべき教訓を提示しています。

 

 

 近年、日本の隣国に親しみを感じないという人が、以前に比べてかなり増えているような気がします。

 様々な理由はあると思うのですが、アジアとの関係の中で日本の立ち位置が変わってきているということが、先の戦争をどう見るかと言う観点にずいぶん変化を与えているのではないか、編者の一人、加藤氏は述べています。

 

 

 本書を読むことで、知らなかった史実を改めて学ぶことが出来ました。本当に自分は歴史の知識がなさすぎるなあと痛感。

 

 昭和日本が犯した、致命的な失敗は幾らもあるのですが、その中でも特に印象的だったのは、当時国際協調主義を歩もうとしていた議会制民主主義、政党政治を暴力で否定した、二・二六事件五・一五事件などのテロリズムに対する、当時の国民の反応でした。

 

 1932年、首相の犬養毅が、青年海軍将校によって殺害される五・一五事件が起こりました。

 その裁判の過程で、陸軍の士官候補生や海軍の士官、あるいは農本主義団体の塾生など、事件の血行に関わった者たちに、自分達の主張を思う存分語らせる機会を与えてしまうことが起きました。

 その結果、法廷が、国家改造運動』のプロパガンダの場になり、全国から百万通と言われる、犯人への除名嘆願書が集まったといいます。

 

 日本は、この1932年(昭和8年)を境に、テロリズムの公然たる容認の時期に入ってしまったのでした。

 

 明らかなテロリズムであるのに、こうした暴力に対して国民的な支持が得られてしまったというのは、本当に深刻な出来事だったと思いますし、正直なことを言うと、当時の日本の国民にも、かなりの責任があるのではと感じます。

 

 こうした国民的意識に対しても、現代人はしっかりと厳しい歴史的検証を行うべきだなと感じます。

 

読書感想:『ある男』

『何もかもを捨て去って、別人になる。-そうした想像には、なるほど、蠱惑的な興奮があった。必ずしも絶望の最中だけでなく、きっと、幸福の小休止のような倦怠によっても、そんな願望は弄ばれるのだ。』

 

 

 お疲れ様です、スナフキンです。

 また非常に感動的な小説に巡り合いました。今回紹介するのは、平野啓一郎氏著

『ある男』

という小説です。

 

 本作は、2022年11月、妻夫木聡さん主演で映画化されるもので、読売文学賞の受賞作でもあります。

 

 離婚を経験し、シングルマザーとなった女性は、ある男性と再婚するのですが、悲しくもその再婚相手の男性が突然命を落とします。

 しかし、彼の身元を調査すると、その人物は、本来の戸籍とは違う、全くの別人であったことが発覚するのです。

 

 在日コリアンヘイトスピーチ、非正規雇用、また死刑制度にまつわる、犯罪被害者及び加害者の問題・・・。

 本作は、現代における諸問題を随所に内包しながら、人間の奥底に内在している本質や気質を描き出す作品となっています。

 

 

 平野啓一郎氏の著作を読んだのはこれが初めてでしたが、現代の働き盛りの社会人が、頭の奥底で感じつつも、明確に言語化するのが非常に難しく繊細な感情や価値観を、非常に精緻で丁寧な文章で表現しているのが素晴らしいと感じました。

 

 読者によっては、その知性ある言葉が非常に技巧的に感じるかも知れません。

 ただ、自分はそうした表現が非常に好ましく感じました。

 

『現代における、なかなか表現しづらいもどかしい感覚を、ここまで厳密に表現してくれた』ことに対し、読書終了後、非常にスッキリとした心地よさを感じました。

 

 映画もぜひ観ていきたいなと思いますし、他の作品もチェックしていきたいと思います。

 

読書感想:『琥珀の夢 小説鳥井信治郎(上・下)』

 お疲れ様です、スナフキンです。

 

 今回も、自分が大好きな作家、伊集院静氏の小説を紹介したいと思います。

 

 伊集院氏の小説は、人間が、他者と生きていく中で何が肝心なのか、人間形成において、何が必要なのかを様々な状況で問いかけるものが多いです。

 

 今回紹介する、

琥珀の夢』

と言う小説も、まさにそうした、人間の生きざまにおいて、学ぶべきことが多い小説と言えるでしょう。

 

 

 

 本作の主人公は、サントリーの創業者となった、鳥井信治郎

 明治時代を生きた鳥井氏の少年時代から始まり、幾多の出会いや別れを通じ、後のサントリーとなる寿屋洋酒店を築き、発展させていくまでの軌跡が描かれています。

 

 特に、印象深かったのは、明治40年、後のサントリーとなる寿屋洋酒店の創業者、鳥井信治郎と、五大自転車店の丁稚・幸吉とのやり取りでした。

 

 当時の自転車は一台100円から120円、現在で換算すると50万円以上もする超高級品でした。

 そんな超高級の自転車を、幸吉が寿屋洋酒店へ届けに行った際、幸吉は美しい光沢を放つ、葡萄酒の瓶を目にします。

『世の中にはいろんなもんがあるんやな。』

 美しい光沢を放つ瓶は、少年の心を駆り立てます。

 

 そこへ寿屋の主人、鳥井信治郎が姿を現す。

『ええもん作るためなら百日、二百日かかってもええんや。ええもんのために人の何十倍も気張らんとあかんのや。そうしてでけた品物には底力があるんや。わかるか、品物も、人も、底力や。

 

『ええ品物を作るために人の何倍も踏ん張ったんや。踏ん張っても、踏ん張っても、まだ足らんと思うて踏ん張るんや。そうしたらあとは、“商いの神さん”があんじょうしてくれはる。そのうち持坊にもわかる時が来る。』

 

 少年は深々と頭を下げて、おおきにありがとうさんだした、と店を出た。

 そして、この少年こそ、後に“経営の神様”と呼ばれるようになった、

松下幸之助

 だったというのです。

 このシーンを読んだ時、非常に鳥肌が立ったのを覚えています(笑)。

 こうして様々なストーリーが繋がっていくのだと。

 

 感動的なストーリーはそれだけでは終わりません。 

 鳥井信治郎と幸吉(松下幸之助)との出逢いから74年後の昭和56年、大阪、築地港のサントリー洋酒プラントの中に、鳥井信治郎銅像が完成します。鳥井信治郎が没して19年後のことでした。

 

 そこに、公の場にほとんど顔を出すことがなくなった、当時87歳の松下幸之助が、久しぶりに姿を見せたました。

 

『今日の銅像の見事な出来栄えと、あの空に“赤玉ポートワイン”を掲げた姿は、私が丁稚の時代に見た信治郎さんそのものです。』

 

 この日の松下幸之助の恩義を忘れぬ出席に、二代目社長、佐治敬三をはじめ、一同が感動したといいます。

 

 経営の神様として、今でも現代人に大きな影響を与える松下幸之助が、“商いの師”として尊敬していた鳥井信治郎は、それほどまで偉大な人物だったのでしょう。

 

 伊集院氏が描きたかった、『類い稀な発想と想像力を持つ一人の商人の生涯』の鳥井信治郎の人生には、学ぶところが非常に多いと思います。

 

 こうした感動を味わえるのが伊集院氏の小説の良さであり、読書の醍醐味なんだなと思いました。

読書感想:『エフォートレス思考』

 お疲れさまです、スナフキンです。

 7月は個人的にかなり慌ただしい月であり、コロナではなかったのですが、10数年ぶりに38.5℃の高熱を出して体調を崩してしまいました。

 数週間ほど食欲も体力もかなり落ちていたのですが、今は大分本調子に戻っています。

 自分ももう若くはないのだなあということと、体力づくりの重要性を本当に痛感しました。

 

 読書もまた再開するようになり、今後もマイペースに読書ブログを継続していきたいと思います。

 

 さて、本日ご紹介するのは、グレッグ・マキューン氏著、

エフォートレス思考

というビジネス書になります。

 

 

 以前、同氏の

エッセンシャル思考

という本の読書感想を書きましたが、本書はその『エッセンシャル思考』の続編。

booklovers45.hatenablog.jp

 

 前者は『何を』やるかを見極める技術が書かれていましたが、後者は『どのように』やるかを極める技術が書いています。

 

 真面目に頑張っているのに、何故か上手くいかない。やる気はあるのに、成果は出ない。何だか疲れるばかりで、前に進めない。

 一つでも思い当たるなら、本書はそのような人のためにある本だと言えます。

 

 頑張りが成果につながることは事実。だが、それには限界があると筆者は説明します。

 力を抜いてスマートに結果を出す。そんな形で、無駄な力を抜いて生きるコツが、本書には書かれています。

 

Part1:エフォートレスな精神

・頭と心の中のガラクタを取り除き、スペースを作ること。

 

Part2:エフォートレスな行動

・やるべきことをなるべくシンプルに、簡単にやり遂げる方法

 

Part3:エフォートレスのしくみ化

・エフォートレスな行動による直線的な成果を、累積的な成果につなげるためのしくみ。

 

 まずはメンタルのスタンスを説明したうえで、行動の在り方、そしてそこで出した成果を、累積的な成果にするしくみ化が詳細にかかれています。

 

 本書を読んだ後、また改めて『エッセンシャル思考』を読みましたが、非常に頭がクリアになりました。

 無駄な情報や行動を省き、有限な自分のエネルギーを、本当に大事なところへフォーカスしながら、生きていければと思います。

読書感想:『30代にとって大切な17のこと』

―幸せ感、満足感、感謝というのは、それを感じるのは素晴らしいことですが、「もう充分」という気持ちになって、よりよくなるための行動をストップさせてしまいます。

 「30代」ですべてに満足して、「人生は感謝するばかり」というような境地に入ると、無風な場所に行くことになります。

 中途半端にポジティブなエネルギーは、その人を止めてしまいます。

 一方で、「今の自分を許せない」「自分が大嫌いだから、頑張ってみる」という感情は、実は行動につながっていくものです。

(中略)

 30代の人生で大切なのは、満ち足りることより、行動することです。

 

 今回紹介するのは、本田健

『30代にとって大切な17のこと』

という年代シリーズの本。

 

 

 『●●代ですべき△△のこと』みたいな本は非常に多いとは思うのですが、本書は説教のような上から目線の感じではなく、自分自身に問いかけをするようなアドバイスの本だったので、ついつい手に取って読んでしまいました。

 

 30代は、人生で一番苦しくて、忙しい10年だと言います。

 まあ、一番苦しい、と言うのはいまいちピンとは来ないのですが、正直色んな意味で、忙しさ、しんどさを感じるような気がします。

 ただ、そうした中で、人生最大のドラマが起きるのも、大体30代。その30代を、充実させたものにして行きたいなと、常に思います。

 

 個人のアイデンティティは常に大事にしつつも、仕事やプライベートの中で、30代は、やはり20代と異なる対応が必要だと感じることが非常に多い。

 まだまだ成長途中の自分にとって、理想的な30代にはなってはいないと思うのですが、数年後には、40代を見据えた心構えも必要なのかなと思ってくる。

 

 一つ一つの言葉を噛みしめながら、成長していきたいなと思いました。

Copyright ©とりま文系歯科医師が自己投資。 All rights reserved.

プライバシーポリシー